こだわりの心地良さを感じる唐津現代町家

唐津現代町家~ずっと心地よさを感じられる家~

唐津現代町家~ずっと心地よさを感じられる家~

コンセプト

これまでの日本の住宅は、
高温多湿な夏の気候のために風通しの良い家を建ててきました。
しかし、現在は建築技術の高度化によって『高気密』『高断熱』の住宅に変ってきました。
私たちにとって住まいとは、人生において最も長く時間をともにする空間です。
その時間を健康で安心して暮らすためには、現代住宅の特性に合わせた暮らし方を学び、
身につけていくことが必要なのかもしれません。

上質を知る大人たちのための ほっと安らぐ『贅沢』を感じる家

唐津現代町家の家は、杉や桧といった「針葉樹」の無垢材をふんだんに使用します。

針葉樹から放たれる独特の香りが森林浴効果を高めます。
また天然無垢材は、コンクリートの12倍もの断熱性があり、夏は素足でもさらさらと爽やかに、冬でもほんのりぬくもりを感じることができます。
天然無垢材が健康と安らぎと、暮らしにチョット『贅沢』を与えてくれるのです。

唐津現代町家の家は、自然素材にこだわります。

その一つ、壁は漆喰を使用します。消石灰・貝ばい・麻すさなど自然界に存在するもので、化学繊維や樹脂は一切使用しません。
漆喰壁は揮発性有機化合物の吸収・分解を行うので、家の中の嫌なにおいを無くす脱臭効果が期待できます。
また、漆喰の強アルカリ性がカビやウィルスを抑え、さらには防火・防音の効果も兼ね備えます。

現代町家の定番となっているのが、木のドアと木の窓です。
特に1階のメインデッキに面する2メートル幅の大きな木の窓は、とても開放的で平凡な毎日に『贅沢』を与えてくれる現代町家の一番の特徴といえます。

唐津現代町家は、天然無垢や自然素材、デザイン性だけでなく、
機能・性能や構造にもこだわっています。

末永く安心して暮らすことができる
「ずっと心地よさを感じることができる家」
それが唐津現代町家です。

KARATSU GENDAI MACHIYA

お問い合わせ どんなことでもお気軽にお問い合わせください

無料相談・お問い合わせ 定休日:水曜日 営業時間:10:00~18:00