快適性を損なう最大の原因

スタッフブログ

スタッフブログ

2021/04/22

快適性を損なう最大の原因
  写真

1.快適性を損なう最大の原因

 “快適な家にしたい・・”という願いは、

家づくりをする全ての方がお持ちだと思います。

そして、その“快適なお家”を満たす条件として、

“光と開放感が感じられること”

“プライバシーがしっかり確保されていること”

“毎日のことである家事の負担が軽減されること”

“暑さ寒さに苦しむことなく過ごせること”

といったことがありますが、

実際の生活において快適さを満喫していただくためには、

これら全てを満たす家づくりをしなければいけません。

こんにちは。

SIMPLE NOTE karatusutajioです。

例えば、光と開放感が感じられる家にするためには、

大半の時間を過ごすリビングダイニングキッチンの窓に、

カーテンをつけなくていい工夫をしなければいけません。

カーテンありきで窓を考えてしまうと

空間全体に満遍なく光が届かなくなってしまい、

奥の方にレイアウトされるキッチンはもちろん、

リビングでさえもずっと

電気をつけておかないといけなくなるからです。

また、カーテンによって外の景色が見えなくなってしまい

開放感までも殺してしまうからです。

しかし、実際に建っているお家の多くには、

当たり前のようにカーテンがつけられ、

かつ、いつも閉じられています・・・

南にリビングを配置するという当たり前

その一番の理由は、

“南にリビングを配置すること”が、

家づくりの基本になっていることです。

✔︎南には大きな窓をつくるという当たり前

そして同時に、南につくった

“リビングの南面に大きな窓をつくること”が、

家づくりの基本となっていますが、

この2つが前提となってしまうと、

必然的に日当たりが良い土地を

買わざるを得なくなってしまいます。

日当たりが良い土地が

一番良い土地であるという当たり前

つまり、南向きの土地か、

あるいは南側に何も建っておらず、

かつ今後も建つ予定もない土地か、

あるいは、南に充分な距離を開けることが出来る大きな土地の

いずれかを買わざる得なくなってしまう、というわけです。

そして、多くの方がこぞって、

南向きの土地を買おうとするのですが、

これらを前提として家づくりをした結果、

家の中が暗くなってしまいます。

また、開放感のないに家になってしまいます。

難しい明るさとプライバシーの共存

南向きの土地は、一見光に満ちた明るくて

開放的な家が出来上がると思ってしまいますが、

現実は、案外そうでもありません。

外から中が丸見えになってしまい、

カーテンが開けられないからですね。

では、この前提で建てたお家で、

カーテンなしで過ごすことが出来る方は、

果たしてどれくらい、いるでしょうか?

おそらく、というより間違いなくゼロではないでしょうか?

プライバシーを丸出しにした状態で毎日過ごせないですもんね・・・

そんな居心地の悪そうな家で暮らしたくないですもんね・・・

プライバシーの確保が明るさと開放感につながる

それゆえ、光と開放感に満ちたお家で住むためには、

南にリビングを配置すること、

リビングの南に大きな窓をつくること、

南向きの土地を買うこと、

これら3つの前提条件を見直す必要があります。

これらを外すことが出来れば、

必然的に土地にかかる予算がカット出来るし、

土地の日当たりにこだわらなくて良くなれば、

土地の選択肢も増えることにもなりますしね。

とはいえ、光と開放感に満ちたお家を実現するためには、

外からの視線が完全にシャットアウトされた

プライバシーが確保された

リビングダイニングキッチンをつくることが

最大の課題になってきます。

自然の光に満ちあふれ、外を感じることが出来、

時間の経過と四季の移ろいを楽しむことが出来る、

とっても居心地の良いリビングダイニングキッチンを、です。

ということで、光と開放感に満ちあふれ、

かつプライバシーがしっかり確保された

快適な家で暮らしたいと思っているとしたら、

カーテンがいらない不思議な弊社の住まいを

一度ご覧いただければと思います。

それでは、、、

お問い合わせ どんなことでもお気軽にお問い合わせください

無料相談・お問い合わせ 定休日:水曜日 営業時間:10:00~18:00