家づくりという分岐点で考えること

スタッフブログ

スタッフブログ

2021/01/08

家づくりという分岐点で考えること
  写真

”金融庁の「老後2000万円問題」が大きな話題となりましたが、

2019年8月に公表された「年金の健康診断」の結果も

看過できないものになりました。

これは5年に1度のサイクルで

厚生労働省が公表している年金の財政調査です。

この結果によると、最悪のシナリオでは2052年度に

国民年金の積立金が枯渇すると考えられています。

最良のシナリオでも、サラリーマンがもらえる年金は、

現役時代の50%程度になるもようです。

現在の若い世代は、親世代のような老後を送れない

可能性も出てきています。終身雇用制度は崩壊しつつあり、

非正規雇用で働く人も少なくはありません。

「退職金がもらえない」「定年までに充分な老後資金が貯められない」

ことに加え、「年金も十分にもらえない」恐れが出ているのです。”

おはようございます。

松本 淳一です。

これはとある経済誌に掲載されていた記事なのですが、

この記事にも書かれているように、

私たちは例外なく誰もが、

若いうちから老後に備えていく必要があります。

そして資産形成のためには、

今のうちからコツコツと積み上げていくことが

何より大切なことになります。

宝くじにでも当たらない限り、

いきなり大金を手に入れることは不可能です。

なので毎月の給与から、

出来る範囲を積み立てていくようにしなければいけないのですが、

そのためにはまずはその費用を捻出しなければいけないですし、

それと同時にそのお金を

どのように運用していくかを考えなければいけません。

✔住宅ローンを負担にしない

資産形成の原資をつくるためには、

住宅ローンの返済額を、

無理に増やさないようにすべきです。

30年や35年というとんでもなく長い期間ずっと

その負担が固定されてしまうからです。

そしてそのためには、

家づくりをする時には出来るだけ自己資金を投入するか、

あるいは自己資金がない場合は、

家づくりの予算を抑える工夫をすることによって、

住宅ローンによる負担を減らしていかなければなりません。

土地にかかる費用を抑える工夫、

家にかかる費用を抑える工夫、

庭にかかる費用を抑える工夫、

これら3つ全ての費用を抑える工夫をすることによって。

子供たちの成長と共に、

必然的に出費は増えていきます。

(食費、お小遣い、電気代、携帯代、塾代など)

今後は社会保険の負担も上がっていくのは間違いないため、

よほど給料が上がらない限りは、

出費の増加に逆行して手取り金額は減っていく可能性が高いのが、

私たちが知っておくべき現実です。

なので今の状況だけを考えて大丈夫そうだからと、

資金計画の際に、大盤振る舞いにならないように

細心の注意を払う必要があるんです。

✔積立方法も勉強することが大切

このように家づくりをきっかけとして、

まずは資産形成のための積立金を捻出していただきたいのです。

とはいえその積立金をただ単に

銀行に預けておいてもお金が増えないことも

同時に理解しておかなければなりません。

なので数万円という金額を

毎月コツコツと積み立てていく別の手段を知ることも

とても大切なこととなります。

その手段としては投資信託と株式の2つがあるのですが、

多くの方がこの2つに関しては、

リスクを過大に考えてしまい、

なかなか踏み出せないかと思います。

しかしiDeCoや、積み立てNISAといった、

税制優遇がある制度を上手く利用しつつ、

ドルコスト平均法で毎月定額の積立をしていけば、

リスクを緩和しつつ、

効率的にお金を増やしていくことが出来るため、

難しそうだからと避けることなく、

前向きに勉強して取り組んでいただければと思います。

家づくりをする時は、

ただ単に家を建てるということだけではなく、

大切なお金のことも同時にしっかりと計画すべき時なので、

難しいことかもしれないですが、

今だけではなく先の事まで考えた資金計画と、

その計画の範囲内で出来る家づくりをしてください。

お問い合わせ どんなことでもお気軽にお問い合わせください

無料相談・お問い合わせ 定休日:水曜日 営業時間:10:00~18:00