メニューを開く

メガメニュー を開く

このページの先頭にもどる

メガメニュー を閉じる

2024/02/02

40年返済という選択はダメなのか?

40年返済という選択はダメなのか? 画像

人生100年時代に突入したと

巷で言われているからなのか?

長寿化に伴って退職年齢が延びていくからなのか?

はたまた、家の価格が上がっていっているからなのか?

住宅ローン返済の最長年数が

35年から40年へと移行しつつあります。

 

もちろん、住宅ローンは借金なので、

無闇矢鱈に期間を延ばすよりも、

早く返したほうがいいという意見の方が

圧倒的に多いかと思いますが、

個人的には返済年数が延びたのをいい事に

借入金額さえ上げなければ

最長の40年を選択しても良いのではないかと思っています。

 

おはようございます。

SIMPLE NOTE 唐津スタジオです。

 

では、その理由について

今回はお伝えしていきたいと思います。

 

✔️理由1:保険期間が延びるから

 

住宅ローン金利の中には、

団体信用生命保険という掛け捨ての

生命保険料が含まれているのですが、

この保険があることによって

債務者にもしものことがあった時に

残債がゼロになるというメリットがあります。

 

ゆえ、個人的には

住宅ローンを借りた時点で、

これまで掛けていた掛け捨ての定期保険があるとしたら、

それは解約したらいいと思うし、

住宅ローンにはせっかく死亡保証がついているのだから

そんなに焦って借金返済をして

無理にその保証をなくす必要もないかと思っています。

 

というわけで、最長の40年で借りて、

繰上げ返済なんて一切せず

ずっと保証を継続してもらえたらと

思っている次第であります。

 

✔️金利圧縮<資産運用

 

そして、もう1つの理由がこれです。

返済年数を短くしたり

繰上げ返済をすることによって、

1%前後の金利を圧縮するよりも、

返済期間を延ばすことで浮いたお金を

これから40年間「積立投資」に回す方が

はるかに手元にお金が残るからです。

 

過去のデータを見ても

平均で、年率10%の割合でお金が増えていっているし、

保守的に6%で見積もったとしても、

金利を圧縮するよりも7倍ぐらいお金が増えますからね。

 

では、簡単に試算してみますね。

仮に住宅ローンを3000万円、

金利1.4%(全期間固定金利)で借りるとして、

返済年数を35年にした場合と40年にした場合とでは

総支払利息が1,231,866円

違ってくる(40年の方が多い)んですが、

返済年数を5年伸ばしたことによって

毎月8,732円お金が浮いてくることになります。

 

なので、この浮いたお金を

今後40年間ずっと毎月積み立てしていくことにします。

 

そして、このお金が

年間で6%ずつ増え続けていくと仮定すると、

40年後元本の4,191,360円は

(8732円×12ヶ月×40年=4,191,360円)

12,486,355円となるため、

合計で8,294,995円もお金が増える

ということになるんですよね。

(元本が3倍になっています)

 

先程お伝えしたように

返済期間を5年延ばすことによって

約120万円利息が増えようとも、

その浮いたお金で約830万円お金が増やせるとしたら、

こっちの方が絶対にいいですよね?

 

そんなわけで、

個人的には返済期間は長くしてもいいし、

繰上げ返済もする必要もないと思っている次第であります。

 

もっとも

経済合理性は理解出来ても、

どうしても感覚的に投資に抵抗があるとしたら、

少しでも返済を短くし、

少しでも借入金を減らし、

繰上げ返済した方がいいですけどね。

 

銀行の預金金利は0.001%なので

そこにお金を置いておくよりは、

1%の金利を圧縮した方が絶対にいいわけですからね。

 

というわけで、

これから家づくりを検討されている方は、

こんな考え方があるということも

ぜひ知っておいていただけたらと思います。

 

それでは、、、

contactcontact

家づくりの事なら
お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。

0120-406-8620120-406-862

定休日 / 水曜日
営業時間 / 10:00~18:00

ページの先頭へ戻る

© 2022 株式会社エムズ